top of page

停電に備えるには?

大雪によって道路が通行止めとなる中、飲料水、インスタント食品、ラジオ、防寒着、石油ストーブなどを用意し停電に備えている様子


東京は気温が高めの日が続いていましたが、ようやく冬らしい寒さになってきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。


今回のテーマは「停電」です。



停電への備え


停電に備えてどんな準備をすればいいか、確認しておきましょう。


  • 灯り

  • 就寝中の停電発生に備えて、ベッドの近くに懐中電灯(LEDライト)を備えましょう

  • 可能であれば、足元灯やソーラーライトも準備しましょう

  • バッテリー

  • ライトの点灯に必要な乾電池だけでなく、スマートフォンの充電のためのモバイルバッテリーも常に充電された状態を保っておきましょう

  • こちらもソーラー式のバッテリーがあると安心です

  • 暖房器具・食料

  • 長期間の停電に備えて、暖房器具や電気を使わずに調理できる食料も備蓄しておきましょう

  • ⚡ 停電情報

  • 停電発生時、それが自宅だけなのか周辺もなのか、小規模なのか大規模なのかを判断するためにも各電力会社(一般送配電事業者)のWebサイトで確認しましょう


弊社の総合防災アプリ「PREP(プレップ)」では、停電発生時にプッシュ通知を配信しています(※)。ぜひご活用ください。


※ 2023年12月現在、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・中国電力・四国電力・沖縄電力の管内に対応。


総合防災アプリ「PREP」のライブ画面。停電情報が表示されている。


社員が停電時の対策について協議している様子


停電の発生原因はさまざま


停電はそれ単体ではなく他の災害に伴って発生することがあることにも注意しましょう。


ここ最近は北海道留萌市(るもいし)周辺で記録的な降雪がありましたが、その周辺でも小規模ながら停電が発生したようです。

雪の重みで樹木が倒れ、電線に引っかかって停電になることもあります。


また、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震では、北海道のほぼ全域で停電となる「ブラックアウト」が発生しました。

大地震の直接な影響を受けなかった地域でも、長時間停電に見舞われる可能性があります。


北海道胆振東部地震では、停電が長引くなかで自宅内で小型発電機を使っていた男性2人が一酸化炭素中毒で死亡する痛ましい事故も起きました。

発電機を使用する際は十分な換気をくれぐれもお願いします。


大雪の時は、雪の重みで倒れた樹木が電線に引っかかり停電になる場合がある。


参考リンク

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page