top of page

台風が低気圧に変わったら

台風の進路図。温帯低気圧に変わった2つの台風が示されている。


本日8月26日午前3時頃、台風10号は温帯低気圧に、午前9時頃、台風9号は熱帯低気圧に変わったと気象庁が発表しました。


総合防災アプリ「PREP」のライブ画面

8月26日15時のPREPライブ画面より


台風のニュースでよく聞かれる「台風が温帯低気圧(熱帯低気圧)に変わりました」という言葉。台風進路図の予報円も表示されなくなって、何となく安心してしまいますが、どんな意味があるのでしょうか。



台風、熱帯低気圧、温帯低気圧の違い


それぞれの定義は以下の通りです。



台風


  • 北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のもの。


熱帯低気圧


  • 熱帯または亜熱帯地方に発生する低気圧の総称。

  • 気象情報等で「熱帯低気圧」を用いる場合は、低気圧域内の最大風速が台風の基準未満のものを指す。


温帯低気圧


  • 中緯度や高緯度に発生する水平スケール数千km程度の低気圧で、前線を伴うことが多い。

  • 台風が暖かい空気からできているのに対し、南北の空気に温度差がある。

気象庁



つまり、

台風から熱帯低気圧へ変わった場合は、

⇒最大風速が台風の基準を満たさなくなった(最大風速が弱まった)、

台風から温帯低気圧へ変わった場合は、

⇒低気圧の構造が変わった(冷たい空気が混じり、温帯低気圧になった)、

という変化が起きたということになります。


多くの台風は、温帯低気圧になりながら、衰弱していきます。しかし、2004年の台風18号では、温帯低気圧に変わって再び発達し、広い範囲で台風に匹敵する暴風・強風を伴って被害をもたらしました。


そのため、台風が温帯低気圧になったとしても、気象庁は引き続き警戒を続けるよう、呼び掛けることがあります。



降水情報やキキクルの情報を見て警戒を続けよう


台風の接近に備えて、食料品やライト、ラジオなどを用意している

今回の台風9号、10号は日本への直接的な影響はほとんどありませんでした。今後、もしお住まいの地域に台風が接近した場合、温帯低気圧(熱帯低気圧)に変わったとしても、最新の情報をチェックして、警戒を続けてください。

具体的には、台風と同様に、大雨や強風、高波などの激しい現象が発生する恐れがあります。PREPでは、降水情報、気象警報、キキクルなどの情報を配信していますので、ぜひご活用ください。



出典



 


【アンケート結果のお知らせ】

2022年8月3~5日に発生した豪雨災害について、緊急アンケートを実施しました。実際に避難をしたか、避難の判断にどんな情報を使ったか等を伺いました。

こちらもぜひご覧ください。


2022年8月に行った緊急アンケート結果

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page