top of page

冠水した道路を歩く

冠水した道路を歩いている様子。冠水しているため道路上のマンホールが開いていることが見えにくくなっている。


避難場所への移動は浸水が始まる前に行うことが基本だが、冠水した道路を歩く場合は、水深が浅くてもふたの外れたマンホールや側溝などが見えなくなることに注意する。 


避難情報が発令されたり、発令前でも危険が高まったと判断されたりしたら、ためらわず避難を始める。




プラスソナエ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page