top of page

避難時に足を守る

災害時はガレキ等が散乱し足場が悪化するため、板などの硬い物を靴底の下に敷いて釘や鋭利な破片でケガをしないように足を守る。


災害時は、足をケガをしないことが重要。被災地はガレキ等の散乱、水たまり等、足場が悪化。


釘や鋭利な破片でケガをしないように、足や靴を水や瓦礫から守るために、ポリ袋を靴の上からかぶせる、板などの硬い物を靴底の下に敷いて緩まないようにヒモで縛りガードすることが必要となる。




プラスソナエ

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page