top of page

室内の湿度を保つ工夫

加湿器の使用、フローリングの水拭きなどを行って室内の湿度を保つ工夫をしている様子


乾燥は火災の他、肌トラブル、ドライアイ、感染症、静電気など様々なトラブルの原因となる。快適な湿度の50~60%になるように加湿器を使用する。

加湿器がない場合も、洗濯物を日当たりのよい室内に干す、フローリングを水拭きする、室内に消臭効果のある霧吹きをする等の工夫をすることで湿度を保つことができる。




プラスソナエ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page