top of page

視覚が不自由な方に配慮する

視覚が不自由な方と一緒に避難している様子


視力、視野、光覚、色覚への配慮が必要。


音声や手で触れることで情報を入手するので、緊急事態の察知が難しい。 


災害時は家や避難路が一変して安全に行動することが難しく、その場から動けなくなり、自力での対応が難しくなることも。 


白杖を上にあげているのがSOSのサイン。


肩や手などの体の一部に触れ「何かお手伝いしましょうか?」と正面から声をかける。




プラスソナエ

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page