top of page

室内の家具を安全な配置にする

地震によって室内の家具が移動、転倒することがある。避難経路、就寝時などの安全を確保するために普段から家具配置に配慮しておく。


避難経路、就寝時などの安全を確保するために普段から家具配置に配慮しておく。


①ドア付近に大きな家具をおかない。 


②避難経路上に大きな家具をおかない。 


③寝ているときに倒れてくるところにおかない。


④部屋の中央に大きな家具をおかない。 


⑤ガラス窓を背にしてソファーなどをおかない。ガラス飛散防止措置をしておく。




プラスソナエ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page