ゆれくるコールの再リリースに向けて 

ゆれくるコールを再リリースします。

 

ゆれくるコールは、今から13年以上も前の2007年10月の気象業務法の改正により、緊急地震速報が民間企業へ託された時にサービスを始めました。地震発生直後の被害の軽減に少しでもお役立ていただこうと、防災とITを結びつける企業の第一人者として、いくつもの取組にチャレンジしてきました。スマートフォンアプリをリリースしたのは2010年11月、このことが600万人もの方に利用していただくことにつながりました。昨年8月、「情報を伝えるサービスから行動を促すサービスへ」と進化させ、総合防災アプリPREPへと衣替えを施しました。それから約9か月が経ちますが、今もなお、「ゆれくるコールを使いたい」との声がたくさん寄せられています。防災に関わるシステムを評するには適当な言葉ではないかもしれませんが、皆さまに「愛されている」サービスなのだと感じられて、サービスを提供し続けてきた身としてうれしく思います。

 

「地震はゆれくるがいい」

ゆれくるコールは地震に特化したアプリです。防災アプリとしてのパイオニアです。緊急地震速報をできるだけ早く通知するだけでなく、地震に備える知識もわかりやすく紹介してきました。「ゆれ体感」の機能を持たせ、皆さまのご協力のもと、将来の安全・安心につなげるためのデータも蓄積してきました。

 

「英語で使いたい(英語の文面で)」

東日本大震災の直後、英語に対応するため、多くの方にご協力いただき開発しました。知らない方が英語で使い方を説明する動画を投稿してくれたこともありました。その取組は今、観光庁推奨アプリ「Safety tips」へも引き継がれています。ユニバーサルデザインも取り入れて、目や耳の不自由な方にも配慮しています。

 

「アイコンがわかりやすい」

スマートフォンを利用するこどもたちも増えていたのですね。小さな子に使ってもらう際、地震だとすぐにわかるから「なまず」がいいとのご要望もいただきました。ちょっと右上を向く表情がかわいいです。わかりやすいといえば、社内公募でついた名前が、いつの間にか皆さまから「ゆれくる」と愛称のように呼ばれることになりました。

 

ゆれくるコールをご利用いただき、支えていただいた方々からのご要望に応えるため、夏を迎える前に、ゆれくるコールを新しいアプリとしてリリースします。iPhoneをご利用の皆さまのお手元に、もう一度お届けします。これまで以上に、ご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

                                                                                                                                                      2021年5月13日

 

アールシーソリューション株式会社

代表取締役 栗山 章

yurekuru_iOS.jpg